カウンセリング

完治までの時間短縮には

ドクター

自由診療で手早く決着

いぼの手術で美容整形外科が人気の理由は、早くキレイに治すことが出来るからです。もちろん一般の皮膚科でも液体窒素療法による治療は可能ですが、こちらは保険診療というメリットはあるものの、完治までの道のりが遠いのが難点。何度も通院して年単位で治療しているのにまだ完治しないという例は非常に多く、もうゲンナリしてしまったというケースも多いのです。それに比べて美容整形外科なら、CO2レーザー焼灼法という手術法を用いることで、とても早く完治に至ることが可能となります。早い場合は1回の手術で治療が終わり、再発もほとんどないという理想的な治療法です。自由診療なので全額自己負担になりますが、年単位で保険診療を受け続けるなら、あまり価格差がないところまで来ているのも事実。料金設定は美容整形外科ごとに異なりますので、インターネットなどで事前に調べてみると良いでしょう。ウイルス性のいぼは、人間の血管から栄養を得てしつこく成長し続けます。液体窒素療法では血管を断ち切ることでいぼを消滅させるのですが、ウイルスにも血管にもなかなかダメージを与え切れない場合も多いのです。CO2レーザー焼灼法なら、ウイルスも血管もまとめて丸ごといぼを消失させるので、うまく行けば1度の手術ですっかり取り除くことが出来ます。また、この他にも注射療法があり、薬剤を注入してウイルス性いぼのDNAに損傷を与えて治す治療法もあります。保険診療では限られた治療しか認められませんが、自由診療なら常に新しい方法を導入出来る環境があり、効果的な治療を受ける事が出来ます。だから選択肢として、まず最初に美容整形外科を選ぶ人が近年増えているのです。何より、美容整形外科は美容を得るための治療を行う場ですから、治療後の肌にも気遣ってもらえるのが一番の利点。いぼはなくなったけれど色素沈着が起こって、今度はシミが悩みになったという人は多いですから、いぼの場所によっては考えものですよね。また、痛みに弱くてどうしても治療を選びたい人は、漢方や外用薬などのアプローチをすることも出来ます。自由診療は治療の選択肢が増えるという意味で、まさに自由度がまったく違うのが魅力ですね。